2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

構成員紹介

新着記事

新着一言二言三言等

新着関連記事(他ブロガーさんより)

ベビベビ点取り占い

小学生編点取り占い

話題別過去記事収納庫

FC2ブックマークに追加する

ブロとも申請フォーム

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2009年01月26日 (Mon)

ヒトへと進化中♪

 こんにちは。
 食器洗浄機作動中の中、次男二度寝中でございます。

 こんなふうにして、ごく当たり前の生活音の中で
 そこそこ眠れる次男を見るにつけ、
 つくづく長男は感覚過敏だったんだなぁと思い知ります。

 長女も生活音の中で眠れるタイプでしたが、
 わたしにとって育児の基準は常に長男でしたので、
 寧ろ長女のがちょっと信じられないというか...、
 こんな雑音の中で眠れるなんて、なんて凄いの長女!
 みたいな位置づけでした。
 
 長男が昼寝中は、
 大人は常に抜き足差し足忍び足...で、
 洗濯機も食洗機も作動させられない、
 扉や窓の開け閉めにも神経を使う状態で、
 新聞を捲る音ですら、目を覚ますきっかけとなっていたので、
 赤ちゃんってなんて大変なのー!
 と、いやはや、軽くノイローゼ気味でした...(遠目)。

 そんな育児を一人目で経験してきたので、
 次男が眠っている隙におむつの皺をパンパンと叩いて干すとか、
 11年目を迎えて徐々に動作音が大きくなりつつある食洗機を
 ゴオゴオと動かしていたりとか、
 電卓をカタカタさせながら家計簿つけたりとか、
 そういう、音に溢れた生活をできることって、
 改めて幸せなことだなぁと、しみじみ感じます。

 「子どもが眠った隙に掃除機かけちゃいます~」
 なんてコメントを育児雑誌で読む度に、

  ありえん!なんでそんなことできるんだあああ!

 と思った約10年前...。
 よく頑張ったもんです、自分。
 
 もし長男と次男の生まれる順が逆だったら、
 精神的に保たなかったかもしれません...。


 *「行くよ」→バイバイ*

 さて。
 二度寝満喫中の次男。
 年が明けてから、ぐぐっと夜間の睡眠が細切れになり、
 毎晩平均10回以上はキーキー金切り声あげて泣きます。
 添い寝でおっぱいあげて寝かしつけているので、
 泣けばおっぱいあげるわけですが、
 合間で2~3度おむつも交換しているので、
 更にキーキー金切り声張り上げられて、
 ちょっと隣り近所の目が怖いこの頃。

 ともかく、夜間睡眠が細切れなせいなのか、
 夜が明けてからも、割とがっつり眠ります。
 未だに午前と午後に昼寝します。

 午前は、長女を保育園へ送り帰宅した後で2時間ほど。
 いろいろと知恵がついてきましたのでね、
 保育園から帰宅し、玄関に入ると、
 背中で
 
  「パイパイ、パイパイ」

 と、うきうきした声で話し掛けてきます。
 (長女の送迎は、大抵次男おんぶで出掛けます)
 そして、そのままねんね...zzz...。

 日に日にやんちゃ坊主になり、
 いたずら真っ盛り、
 あちこちによじ登って、
 トコトコ歩いて、
 あれこれ手を出して(時に長女に奪い取られ)、
 小さな体をめいっぱい使って遊んでいます。
 動作や言葉も増えて、
 頭もフル回転中なのでしょう。
 そりゃ、休息も必要だわな...。

 そんな次男。
 今朝、長女を送る際、

  「さぁ、長女ちゃんを送りに保育園へ行こうね」

 と話し掛けると、

  「バイバイ、バイバイ」

 言いながら、手を左右に振りました。

 「行く」=「バイバイ」
 と、彼なりの相関図が成り立ったようです。
 
 おおお!
 段々ヒトに近づいているーーー!

 なかなか言葉が出ない、
 身振りも出ない、
 他人の前でアピールできる芸が無い、
 と、ちょっとしょぼーんとしていた母ですが、
 最近やっと、アピールポイントも幾つかできて、
 ほっとしております。
 
 日々、脳にたくさんの新しい皺が刻み込まれていることを実感。
 ああ、羨ましい...。
 
 既に日々皺が消えていくばかりの四捨五入四十路母なのでした。

スポンサーサイト
編集 |  10:46 |  育児  | CM(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 

自由空間

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。