FC2ブログ
2018年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

構成員紹介

新着記事

新着一言二言三言等

新着関連記事(他ブロガーさんより)

ベビベビ点取り占い

小学生編点取り占い

話題別過去記事収納庫

FC2ブックマークに追加する

ブロとも申請フォーム

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2005年12月23日 (Fri)

2学期終了

 *最終日は大雪*

 長男の通う小学校、
 昨日が2学期終業式でございました。

 寒波到来ということで、
 登校時は何も降っていなかったのに、
 1時間後には吹雪の様相を呈し、
 夕方、学童保育へお迎えに行く頃には
 積雪10センチ超の状態でしたよ。
 
 雪に馴染みの薄い太平洋側に住んでいるため、
 積雪があると無条件にワクワクする子ども達。
 長男も御多分に漏れず、
 終業式の後、休憩時間中に校庭へ飛び出し、
 雪だるまを作り、雪合戦を楽しんだようです。

 長かった2学期も無事終了致しました。
 今学期、
 見違えるように落ち着きの無くなった長男は、
 多分たくさん先生に注意を受けたと思われます。

 学校から毎日のように電話もありました。
 クラスメイトに怪我をさせたことも度々ありました。
 
 先生にとっても、
 大変な3ヶ月だったことでしょう。

 (家庭では、それほど大変ではなかったのですが)


 *学校は冬休みですが*

 今年最後の長男通院日には、
 担任の先生と、
 現在長男に付き添って学習指導をしてくださっている先生、
 二人の教師が主治医に対応の仕方を相談したいと、
 私たち保護者と同席面接をする予定でございます。

 人の話をあまり聞いてくれない主治医が、
 この辺りでは有名らしい故に1分診察当たり前の主治医が、
 慣れない雪道を、慣れない山道を運転して来る先生に、
 どこまで丁寧に説明をしてくださるんだろうか。
 個人的に興味がありますよ。 (ぇーー
 
 そもそもこの同席面接、
 きちんとした時間枠を確保していただけてません。

 普段私たちは、長男のプレイセラピー前に診察を受けており、
 毎日の生活の様子を伝えた後に処方箋をいただくのですが、
 その後に診察予約の患者さんがたくさん控えています。

 どういう具合になっているのかよく分かりませんが、
 セラピーを受けている子どもの診察は薬の処方に終始するのか、
 長くて5分程度で終わります。

 親として家庭でどのように子どもと関わっていけばよいのか、
 もっと具体的に指導していただければありがたいところですが、
 その場合には、
 改めて30分間の診察時間枠を確保しなければならないのですよ。

 先生を含めた面接時間を、
 30分の枠で確保していない状態で、
 しかも年末。
 きっと病院も大忙しでございますよ。

 ・・・5分で終わり、なんて勘弁ですよ >主治医


 *通知票を持ち帰りました*

 雪まみれになって帰宅後、
 長男の荷物を片づけていたら、
 手提げの中から、
 よれた通知票が出てきました。

 OTL

 長男、これはとても大事な物なんだけどなー。

 1年生って、どうなんでしょ、
 通知票の意味を理解しているのでしょうか。
 
 長男、全く関心を示しませんで (汗

 1学期中は学習の評価がありませんでしたが、
 今学期はありましたよ。

 総じて、
 学科に興味や関心を持って取り組むことは
 どうやらできているようでございます。

 その取り組みを持続させられるかどうか、
 丁寧に展開させていくことができるかどうか。
 多動系の長男にとって難しい課題ですが、
 ・・・そのうちできるようになるんでしょうか。

 先生のコメント欄には、
 
 『友達の意見を聞いて、
  一緒に話し合っていくことができると尚良い』

 とありました。

 個人的に、
 成績云々よりも
 このコメント欄のほうが気になる母でございます。

 友達の意見に耳を傾けるとか、
 手や足を出さずに言葉で伝えるとか、
 そのあたり、今の長男には難しいのかもしれませんが、
 少しずつできるようにしていきたいと思いますよ。


 *冬休み♪*

 そして嬉しい冬休み。
 親の仕事納めが28日、仕事始め4日
 (だけど私は3日の午前中、仕事ですよ。。)
 なので、学童保育通いが続きます。
 
 学童保育での仲間関係は、
 学級のそれと異なるようで、
 長男は随分生き生きと過ごしております。

 ケンカも絶えないようですが、
 両親共働きという同じような家庭環境の子ども達同士、
 楽しく過ごしてくれればいいなぁ。

 年末年始には、
 複数の友人家族と貸別荘でのんびり過ごす予定です。
スポンサーサイト
編集 |  05:14 |  学校  | TB(0) | CM(2) | Top↑

コメント

まあ、ここに至るまでには、それなりに波乱もありましたが。
長男の小学校に限って言えば、軽度発達障害絡み(グレーゾーンも含む)の子供の割合は2割程度存在するようで、学校側も手探りではありながら何らかの対応を迫られているのが実情のようです。
一日の大半を過ごす空間ですので、長男が生き生きと過ごせるように働きかけていきます。
natto |  2005.12.26(月) 08:53 | URL |  【編集】
学校の先生が熱心に対応してくださっておられるようで感謝ですね
桜吹雪 |  2005.12.25(日) 13:19 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

自由空間

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。