2018年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

構成員紹介

新着記事

新着一言二言三言等

新着関連記事(他ブロガーさんより)

ベビベビ点取り占い

小学生編点取り占い

話題別過去記事収納庫

FC2ブックマークに追加する

ブロとも申請フォーム

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2005年12月11日 (Sun)

小児科医 v.s. 小児外科医

 *長女@病院*

 長女はかつて、
 ヒルシュスプルング病 を疑われたことがあります。
 頑固な便秘が続く場合に疑われる病気で、
 精密検査の結果、その病ではないと診断されました。

 けれども、
 食生活に気を配っても、
 お腹のマッサージをしても、
 自力で排便することが困難でございます。

 小児外科医からは、
 年単位で経過観察していきましょうと言われ、
 1,2ヶ月おきに通院しております。

 ともかく毎日きちんと排便することが必要なので、
 飲み薬と併用し、
 毎日浣腸をしておりました。

 しかし長女、
 浣腸が大嫌いでして (汗
 毎回とても嫌がって泣いておりました。

 更に、
 浣腸をしても便が出ない日々が続き、
 食欲が落ち、腹痛を訴えて泣き、
 機嫌の悪い日が続いたので、
 かかりつけの小児科へ駆け込みました。

 (小児外科は予約制で、
  飛び込み受診ができるのは、
  救急外来のみでございます)

 小児科の医師には、
 長女が子ども病院の小児外科でヒルシュの検査を受け、
 結果ヒルシュとは診断されず、
 飲み薬と浣腸で経過を見ていくことになった旨、
 伝えてありました。
 
 そして、
 毎日浣腸してもうまく排便ができない状況を説明すると、

 「浣腸はね~~~・・・
  毎日するのは、小児科としては反対だなぁ。」

 と言われました。

 トイレトレーニングの時期と重なるので、
 排便に関して悪いイメージを与えてしまうのは良くない、と。

 毎回泣きながら排便している長女の姿を見て、
 私も浣腸に疑問を抱いていたので、
 小児科としてお薦めの方法を尋ねました。
 すると、
 ある飲み薬の名前を教えてくださいました。

 その薬、
 長男が精神科で処方されているものでした。

 そこで、浣腸は中止し、
 長男が貰っている薬を流用し、
 小児科医に指示された量を毎日服用させて
 排便コントロールをしていました。
 
 結果は概ね順調で、
 長女本人に苦痛を与えることもなく、
 私たち親は、この方法で続けていこうと考えておりました。


 *それはダメ*

 そして、久々に小児外科受診。

 経過を主治医に説明し、
 現在は飲み薬のみで対応していることを伝えたところ、

 「その薬はダメです」と一言。

 「その薬を飲み続けて、もっとひどい便秘になった子どもが、
  今までに何人もここに来ています。
  依存性が高いので、長期的に見て本人に良くない。
  すぐに止めてください。
  お兄ちゃんにも飲ませないほうがいいですよ。」

 青ざめる私たち


 長女の小児科医にしても、
 長男の精神科医にしても、
 医学的に間違ったことはしていないのですが、
 そして、その薬は非常に使いやすいし、
 小児外科以外の医師は処方してしまいがちなのだそうです。

 が、
 無理矢理に腸の神経を刺激して排便させるので、
 長期間服用するのは悪影響が大きすぎるのだと。
 
 更に、
 最初は少量で反応していたのに、
 依存性の高さゆえに、
 大人並みの使用量に増やしても反応しなくなり、
 かなりこじれた便秘となって受診する子どもが多いとのこと。

 OTL


 *でも浣腸は*

 それでも、
 トイレトレーニングを視野に入れた場合、
 排便に関してマイナスイメージを持たせるのは
 極力控えたいという点は、外科医に伝えましたよ。
 できれば浣腸以外の、
 本人の苦痛が少なくて済む方法が良いと。

 結果、坐薬を処方されました。

 当初から続けている粉薬に加えて、
 夕食後、坐薬を使ってみることになりました。

 これでうまくいけばいいなぁ。。
スポンサーサイト
編集 |  07:13 |  病院・病気  | TB(0) | CM(3) | Top↑

コメント

小さな子供でも飲める(=苦くない)漢方、ってあるのかなぁ。。うーむ。
その後、海苔とかひじきとかみかんとか、せっせと食べさせております。まだ坐薬は試していませんが、今日の具合を見て、使うかもしれません。それで痛がるようなら、別の方法を考えなければならないかも。
natto |  2005.12.12(月) 04:46 | URL |  【編集】
●追伸
漢方薬を処方してくださる先生を探されては如何でしょうか 漢方は高いと聞きます 患者の方から聞かないと教えてもらえませんし 薬も変えて貰えませんから かかりつけだけでなく あちこち聞いてみてはいかかでしょうか
桜吹雪 |  2005.12.11(日) 21:52 | URL |  【編集】
●こんばんは
難しい問題ですね 漢方でなにかないでしょうかねえ 小児科医の医師不足は深刻ですし 子供を育てる環境がどんどん悪くなってしまいそうで心配ですよね
桜吹雪 |  2005.12.11(日) 21:31 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

自由空間

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。