FC2ブログ
2018年12月/ 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

構成員紹介

新着記事

新着一言二言三言等

新着関連記事(他ブロガーさんより)

ベビベビ点取り占い

小学生編点取り占い

話題別過去記事収納庫

FC2ブックマークに追加する

ブロとも申請フォーム

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2005年11月14日 (Mon)

特殊学級

 *長男@精神科*

 長男の通院日、
 学校で起きた出来事について主治医とカウンセラーに
 お話をしてきました。

 髪を切ってしまったこととか、
 授業中に不適応的であることとか、
 話題に事欠かない長男でございます。

 そこで、主治医からこう言われましたよ。

 「特殊学級に入ることを考えてみてください」
 「もし今通っている学校に特殊学級が無ければ、
  転校することも考えてみてください」
 「ともかく、学校側と相談してみてください」

 ・・・余程のことなんでしょう・・・。


 *軽度発達障害の子ども達は*

 普通学級で過ごしていくことは、
 今の長男にとっては、ストレスでもあるようです。
 それなりに友達もでき、
 授業と授業の合間の休み時間には一緒に遊ぶ子もおり、
 楽しんでいますが、
 一日に最低一度は担任から叱られる、
 周囲のクラスメイトからも
 「いつも先生に叱られている長男くん」
 と認識されるほどの生活は、
 専門家によれば、好ましくない状況なのだそうです。

 「1年○組じゃなくて、
  もっと人数の少ないクラスで、
  先生とゆっくり勉強を教えてもらって、
  時々は褒めてもらえるように、しようか?」

 そんなふうに長男に尋ねてみましたが、
 涙をいっぱいに溜めながら

 「1年○組がいい」
 
 と言われてしまいました。

 入学前、普通学級でやっていけるだろうかと心配だったとき、
 担任に尋ねた際、
 長男が今通っている学校には特殊学級が無いこと、
 学校全体の流れとして、
 特殊学級自体を無くしていく方向にあることを
 説明されました。

 近いうち、
 学校と話し合いの機会を持たねばなりませんが、
 もし市内の別の学校に特殊学級があるのなら、
 越境通学も考慮していかなければなりません。

 特殊学級に変わること、
 それ自体に、私も夫も抵抗はありません。
 親の目から見て、
 やはり長男は不適応を起こしており、
 それが長男本人の精神に負担となっているのは明らかです。

 主治医の言葉通り、
 数年を特殊学級で過ごし、
 十分に受け入れて貰えるという経験を学校で得て、
 気持ちが安定してきたら、
 また普通学級に戻ればいい。

 ただ、心配なのは、
 普通学級に戻ったときの、周囲の受け入れ方です。
 「特殊学級にいた子」
 という偏見が存在して、
 そのことを長男がはね除けられなかったら。。
 私と夫は、その点だけを心配しています。

 長男のように、
 軽度発達障害の子ども達は、
 一見、普通の子と変わりがありません。
 
 明らかに障害のある子ども達も、
 それはそれでやはり差別を受けることがあります。
 そうでない、ぱっと見普通、
 でも発達障害のある子ども達は、
 また違った意味で差別を受けやすい存在です。

 長男が社会で生きていく以上、
 何らかの差別や偏見から
 全く逃れることは不可能でしょう。
 それは、健常者でも同じことですが。。
 それらすべてを周囲の大人が排除することは不可能ですが、
 本人のために良かれと思ってしたことが、
 将来、本人を傷つける結果を招いてしまいはしないかと、
 やはり心配ではあります。


 *ともかく*

 まずは学校と話し合わなきゃいけませんです。
スポンサーサイト
編集 |  05:45 |  学校  | TB(0) | CM(2) | Top↑

コメント

●>アンさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
...と、このエントリ、長男が小学一年生の頃のものですね。この頃に特殊学級への移籍を薦められたんでしたっけ。

あれから一年半が経過し、現在また同じような問題で親子共々疲弊しています。更に困ったのは、周囲の子ども達が成長してきたために、長男がクラスから浮き上がってしまっているということです。
直近のエントリでアップしていますが、病院の精神科病棟への入院の話が出ています。その場合には養護学校へ転校することになります。
それも一つの選択肢だと思い始めています。
正直今は将来のことをあれこれ心配するよりも、今の状況に対応するのが精一杯です。
学校も担任もアテにはできません。期待するものもありません。
jack-jack |  2007.06.11(月) 13:07 | URL |  【編集】
●同感です
きちんとわが子の遅れを認め より良い環境で学ばせたい。それだけの 親として当然のことが受け入れられない
誤解をうけ回りだけが必死になっている。
先生や担任も結局 何を大切に考えているのでしょう
健常児の間のイジメなどの問題でも同様なのです
面子を保つことのみに必死です
どうぞ お子さんのために一番良い環境を親が探してあげてください
普通級に戻られてのイジメなども心配ですが 転校生の
息子がイジメぬかれた私としては 健常児でも新しい子をイジメる世の中です でも親が守ってやれば乗り越えられました 先の心配よりも今の問題解決にむけて 親が考え決断し実行するのみです
アン |  2007.06.11(月) 11:29 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

自由空間

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。