2018年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

構成員紹介

新着記事

新着一言二言三言等

新着関連記事(他ブロガーさんより)

ベビベビ点取り占い

小学生編点取り占い

話題別過去記事収納庫

FC2ブックマークに追加する

ブロとも申請フォーム

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2005年11月10日 (Thu)

働く女と、働かない女

 *黒木瞳の*

 タイトルを忘れちゃいましたが、
 今期の日曜日21時からのドラマを見ています。

 働く独身女性(姉)を黒木瞳が、
 兼業主婦(妹)を大塚寧々が演じています。

 どうも恋愛モノのようですが、
 これ、見ていると自分と重なるのですよ。

 いえ。
 恋愛が、ではなく、設定が。

 私にも姉がいて、働く独身女性です。
 首都東京に住んで、大手企業で働いています。
 お洒落ですし、女性としてかわいいヒトなのですよ。
 (適度にかわいく、適度にサバけて男前)

 そして、私は、兼業主婦です。
 片田舎に住んでいるので、パッとしません。
 実家に顔を出すたびに、お洒落好きな母に、
 「その格好、もうちょっとどうにかならないの?」
 みたいなことを言われています。
 時間に余裕のあるときには、
 Veryを眺めたりしますが、
 なかなか「愛され妻」な洋服は買えません。
 ・・・マニキュアもしてないし・・・(泣)。

 ドラマを見ながら、
 なんとなーく、黒木瞳を姉に置き換えてみたりしてます。


 *仕事というものは*

 ドラマの設定と若干異なる点は、
 妹がパートで働いているのか、フルタイムで働いているのか、
 という点でしょうか。

 幸か不幸か、私は専業主婦になることができず、
 毎日8時から18時頃まで(実質)、
 会社に拘束される生活を送っています。
 そのおかげで、
 どうにかニュートラルな視点を保つことができている(か??)
 と思います。

 もともとは専業主婦希望だったのですよ。
 なんとなく専業主婦って優雅なイメージがあったので。
 子どもが学校や幼稚園に行ってる間、
 自分の時間を持てて、
 お友達とランチに行ったりショッピングできたり。
 そんなイメージに憧れていました。

 が、
 実際子どもを生んでみて、育ててみて、
 これは半端なく大変な仕事だとわかりました。
 
 専業主婦って、大変な仕事だと思いますよ。

 子どもを育てて当たり前。
 家のことをきちんと管理して当たり前。
 だけど、お給料は無し。
 家族から感謝の言葉すら貰えなかったり。

 我が家では、
 兼業主婦であることを免罪符に、
 家の中が汚いことも、食事が多少手抜きであることも、
 仕方なしとしています。
 フルタイム勤務なので、
 夫とあまり変わらない程度の収入も得られています。
 そういった意味での『見返り』があるから、
 自分のために美容に多少のお金もかけられるし、
 洋服も好きなものを買うことができるし、
 大変ながらも頑張っていくことができます。

 先週のドラマ中で、
 家庭生活のことで愚痴る妹に、姉が
 「何、贅沢なこと言ってんの?!」
 と怒鳴るシーンがありましたが、
 (贅沢なことでもないぞ)と密かに思っておりました。
 
 いや、ほんとに、
 主婦は主婦で大変です。

 働く独身女性も、大変でしょうし、
 どっちがより楽か、って、安易に決められないですよ。


 ・・・ああ、でも、
 ネイルサロンでのんびりハンドケアしてもらって、
 かわいいネイルにしてもらっている黒木瞳を見て、
 いいなぁ・・・と羨ましくなったのは、確かです。

 マニキュア塗っても、
 家事ですぐ剥がれちゃうんだもんなぁ。。
 おまけにピアノ習ってるから、
 爪も伸ばせないしなぁ。。
スポンサーサイト
編集 |  05:49 |  日常  | TB(0) | CM(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

自由空間

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。