2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

構成員紹介

新着記事

新着一言二言三言等

新着関連記事(他ブロガーさんより)

ベビベビ点取り占い

小学生編点取り占い

話題別過去記事収納庫

FC2ブックマークに追加する

ブロとも申請フォーム

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2008年05月15日 (Thu)

洗濯メモ【1】

 こんにちは。
 次男が、パソコン机に手を伸ばし、
 机上の物、手当たり次第にぐちゃぐちゃするようになりました。
 ああ、めんどくさい...。

 
 *石鹸洗濯へ、切り替え中*

 さて。
 次男の布おむつを、arauで洗濯しております。
 それ以外の、
 次男の下着含め、子供衣類、タオル類、
 大人衣類、諸々全部は、
 フツーに合成洗剤で洗っていたのですが、
 どうもですね、おむつの洗い上がりが悪いのです。

 見た目、キレイにはなっているのですよ。
 うん、真っ白。
 ごくごくたまーに、落とし切れてない汚れもありますが、
 天日干しすれば、真っ白になってます。
 
 問題は、汚れ落ちじゃなくて、肌触り。
 畳む時に手指の脂分をおむつに吸い取られる感じで、
 ただでさえ干涸びがちな三十路後半主婦だってのに、
 いやんなっちゃうわ全く、な状態でした。

 このまんま、
 このゴワゴワギシギシなおむつを次男に当てたら、
 みずみずしい赤ん坊の肌がみるみる荒れそうで、
 酢やらクエン酸やらでのリンスも効果なく、
 仕方なく、ベビー用柔軟剤使ってました。

 でもさ。
 柔軟剤って、一番、残留するものよね。
 洗剤がどうこう言ってたって、
 柔軟剤使ってたら意味ないじゃん。

 そこら辺の矛盾で悶々としていたのですが、
 どうやら、このゴワゴワ、ギシギシ、
 合成洗剤との併用にも一因あるんじゃないかということで、
 思い切って、全面的に石鹸洗濯に切り替えてみることにしました。

 これまでは、
 海を隔てた隣りの市にあるM谷まで遠征して
 arauを入手してましたが、
 衣類全てを石鹸で洗うとなると、
 もっとお手軽に近場で入手できる洗剤でなくちゃ。
 ということで、
 近所のドラッグストアで、ミヨシのそよ風を購入。
 安売り時に買う合成洗剤(うちは専らニュービーズでしたが)よりは
 やはりお値段が張りますが、
 arauより安く買えて、満足。

 おむつの石鹸洗濯は続行しつつ、
 その他の衣類等々&洗濯槽に残留した合成洗剤を落とすべく、
 10日間、
 セスキ(アルカリウォッシュ)洗濯をしてみることにしました。
 その後、石鹸洗濯を開始。
 軌道に乗ってきたら、
 アルカリ洗濯と交互にやっていこうと思います。
 (こうすると、洗濯槽のカビ発生を防止できるらしい)

 何しろわたくし、
 実家ではフツーに合成洗剤洗濯してましたし、
 ニュービーズ愛用なのも、母の影響ですし、
 お風呂では牛乳石鹸(青箱)愛用者でしたし、
 そんなわけで、合成生活にすっかり馴染んでおりまして。
 石鹸の正しい使い方とか、全く分かりませんし、
 勉強しても、ちんぷんかんぷん。
 いやぁ、化学苦手でして...あっはっはー。

 実際に、自分で使ってみて、
 失敗してみて、経験値上げて、
 ぼちぼちと石鹸を使いこなしていければなぁと、
 個人的メモとして、
 石鹸に関するエントリもアップしていくこととしました。


 *arau+セスキ 洗い上がり*

 まずは、arauにアルカリウォッシュを追加してみました。
 炭酸塩を足すといいようですが、
 炭酸塩は現在お取り寄せ中でして。
 とりあえずセスキで代用。
 ドラム式洗濯機で、水量約31リットルに対し、
 セスキを大さじ2ほど追加。
 arauは規定量を守り、仕上げにクエン酸を小さじ1/2。

 盛大に泡立つので、
 暫くarauの使用量を規定の2/3に減らしていましたが、
 今回は、きちんと規定量投入しました。
 いやぁ、相変わらずの泡立ちっぷり。
 扉の向こういっぱいに泡が広がり、
 中の洗濯物、見えません。
 ついでに、
 すすぎも1回目はまだ泡が残ってます。
 
 クエン酸の量は、普段と同じ。
 (普段は、更に柔軟剤も足していた...)

 洗い20分、すすぎ3回、脱水3分。
  注*おむつ洗濯に限り。
    衣類洗濯は、洗い時間をもう少し短縮予定。

 今回うっかりしていて、
 洗い段階でセスキを投入できませんでした。
 気づいた時には、洗濯槽、泡だらけで追加投入無理。
 仕方なく、洗剤ポケットにセスキ放り込んでおきましたが、
 注水されたのは、1回目のすすぎ時だったようです。
 
 洗い上がった感じは、
 arau単体で洗っていた時ほどギシギシではありませんでした。
 ほどほどに柔らかな感じ。
 柔軟剤使った時と、さほど変わらないような。

 今、干しています。
 乾燥後の肌触りは、また後日レポ予定。


 *そよ風 洗い上がり*

 ついでに、
 ダイニングチェアの座布団も洗ってみました。
 長男長女の食べこぼしがあれこれついていまして。
 洗濯表示は「手洗い」ってことでしたが、
 まぁ...安物の座布団ですし、
 手洗いじゃ大してキレイにならないだろうし。
 ついでに、洗い忘れた夫の靴下&タオルハンカチと、
 フェイスタオル2枚放り込みました。 

 買いたてほやほやのそよかぜ、お試し。
 使用量は、規定通り。
 仕上げは、クエン酸。

 arauもそよ風も、
 規定量使用しているのですが、
 そよ風のほうが、泡立ちは少ないです。
 ...少ないっつーても、多分ちょうど良いぐらいの泡立ち。
 槽内半分ほどが、泡で埋まってました。
 arauの泡立ちが異常なだけ。

 洗い15分、すすぎ3回、脱水3分。
 
 汚れ落ちは、まずまずです。
 一部、
 多分味噌汁の食べこぼしと思われるシミは残ってますが、
 特に長男使用の座布団の黒ずみは、
 きれいに落ちてました。
 あとは、乾燥後の柔らかさ等だな。


 *セスキ浸け置きで、失敗*

 雨の多い季節が近づき、
 成形おむつでは乾きが悪いというのと、
 次男の尿量が増えてきて、
 成形おむつが吸収体としてあまり効果を示さなくなってきたので、
 吸水量に大差なく、
 乾きが良い、サラシ系の輪おむつを...
 ついでに、色柄付きもいいよなぁ、と、
 浴衣生地でできた輪おむつを購入しました。

 浴衣生地なものですから、
 濃色なのですよ。
 その上にメッシュのライナー敷いちゃうし、
 着用している本人は色柄になど全く頓着しない赤ん坊ですし、
 そりゃもう、全く、わたしの個人的趣味というか、
 どうでもいい満足を得るためだけの浴衣おむつなんですが。
 ともかく、ウキウキして使い、
 使用済みを普通にアルカリウォッシュに浸け置きしておりました。

 一晩置いて、
 いざ洗濯...と中身を洗濯機へ移してみて、びっくり。

 イヤン、色落ち...。

 一緒くたに浸け置いていた、白のさらし輪おむつも、
 白のドビー織り輪おむつも、白のメッシュライナーも、
 白の、元長男長女のサイズアウトした肌着だった、
 現次男のお尻拭きも、
 最近譲っていただいたばかりのおむつカバーも、
 ガッツリと水色に染まっていました...とほほ。

 そういや、セスキで洗濯すると、
 色物の色落ちが...って聞いたことあるっけな。
 
 今回色落ちしたのは、
 多分一種類の生地のみと思われますが、
 念のため、暫くは色柄付きおむつは、
 セスキではなく石鹸を溶かした液に浸け置くこととし、
 再び、浸け置きバケツが2つとなりました。
 最近やっと浸け置きバケツを1つに統一して、
 ちょっとだけラクになったのになー。

 数度洗濯を繰り返したら、
 色落ちも無くなるかも、と期待してみたりしていますが、
 なんかちょっとめんどくさいかも。
 もうちょっと頑張ってみて、
 それでもやっぱりめんどくさかったら、
 潔く、浴衣おむつは売ろうと思います。

 同様に、セスキ洗濯の際には、
 色物に気をつけなくちゃ。

 余計な色心出さずに、
 シンプルに白の輪おむつ...が、
 一番便利で使いやすいのかもしれませんね。
 基本に忠実で。

スポンサーサイト
編集 |  10:50 |  石鹸生活  | CM(0) | Top↑
 | HOME | 

自由空間

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。