2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

構成員紹介

新着記事

新着一言二言三言等

新着関連記事(他ブロガーさんより)

ベビベビ点取り占い

小学生編点取り占い

話題別過去記事収納庫

FC2ブックマークに追加する

ブロとも申請フォーム

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2006年09月15日 (Fri)

こんな子でした

 *研修終了!*

 おはようございます。

 長かった缶詰研修、
 昨日でようやく終了しました。
 今日から通常業務です。

 やっと終わって気の抜けた状態で帰社したところ、
 机の上に翻訳の依頼が。
 明日から三連休ですので、
 今日中に仕上げちゃいます。

 そして、
 今日の夜にはネズミ王国へ向けて旅立ちます。
 現地でたっぷりと遊び倒すために、
 当初の予定より早めに家を出て、
 きちんとホテルに泊まって疲れをとることにしました。
 ...安ホテルですよ。

 車内泊の予定だったのですが、
 そうすると初日はおそらく夫グロッキーで使い物にならないかと。
 幼児連れですし、
 レストラン予約だのファストパスゲットだのは、
 フットワークの軽い男性にお願いしたいところ。
 車中泊の強行スケジュールは止めることにしました。

 そんなわけで連休中は完全に遊びほうけております。
 コメントのお返事も遅れますが、
 ご了承くださいませ。


 *今更な自己紹介*

 昨日eliさんからのバトンをやっていて、
 久々に自分の幼少時代を振り返ってみました。

 かなりな天然系だったよなぁと思い返し、
 今日はその話題を。

 blog開設半年後に、
 今更な自己紹介ですが、
 どうぞおつきあいくださいませ。


 *迷子エピソード*

 落ち着きのない我が家の長男は、
 最近よく迷子になります。
 迷子になったら、ちゃんと迷子センターを自分で見つけ出し、
 保護してもらった上で館内(場内)放送で親を呼び出す分、
 相当立派に保身術を身につけたなぁと感心しておりますが、
 それ以外にも、
 わたしは迷子になる長男を叱ることができずにいます。

 ええ。
 わたしも相当な迷子っぷりでしたから (汗

 何処かに出掛けると、
 必ずわたしも親とはぐれ、
 最終的には館内(場内)放送のおかげで母と再会する、
 という展開を繰り広げておりました。

 小学生の頃には、
 よく父と兄弟とで登山をしていたのですが、
 そのときにも、
 ひとり、あり得ない方向に進もうとしては、
 父によって助けられておりました。
 遭難しなくてよかったです (汗笑

 そんなわたしの行動を、
 背後から親が見るに、

  「根拠なく、でも迷いもなく、
   自信を持って間違った道を進んで行く」

 という風情だったようです。

 普通、左右を見渡して逡巡する様子が見受けられるものですが、
 わたしときたら、
 きっぱりと迷うことなく間違った方向を選択し、
 辺りを見回すことも、後ろを振り返ることもなく、
 ずんずんと進んで行ってたそうです。

 そんなふうなので、
 デパートや大きな駅や遊園地でも当然迷子になりますし、
 慣れた地元のプールでもよく迷子になっていました。

 この「根拠無く間違った方向」ってのは、
 未だに選択しがちでして、
 隣の市に行ったのに、
 帰ってこられなくなることもあります (汗

 多分、
 方向感覚が抜け落ちているんだと思います。


 *病院エピソード*

 病弱というほどでもなく、
 でも健康体というほどでもないけれども、
 兄弟姉妹の中では、ダントツな通院回数だったわたし。
 (兄弟姉妹は健康体でしたので)

 小さな頃から、
 耳鼻科と内科にはよくお世話になっておりました。

 風邪ひいたとか中耳炎になったとか、
 まあ、ごく妥当な線で受診することがほとんどでしたが、
 時折、
 なんとも間抜けだったり、
 ちょっと変わった理由で病院に連れて行かれたこともあります (遠目

 子供の頃、
 わたしは光る物やツルツルつやつやした物が何故か好きで、
 ビー玉とかパチンコ玉とかガラス片とかタイルとか、
 なんだかそんなものをよく集めておりました。

 で。
 ある日、パチンコ玉の冷たい感触が気になって、
 鼻の穴に入れてみました。
 何故鼻の穴に入れたんだろうと未だに不思議ですが、
 多分、直径の問題で、耳には入らなかったんだと思います。
 入れてみたら抜けなくなってしまって、
 とろうとすればするほど、奥に入り込んでしまって、
 どうしようもなくなって母に知らせました。
 母もピンセットだので摘みとろうとしましたが、
 やはり取れないので、耳鼻科へGO。

 1年ほど前でしたか、
 長男の耳から色鉛筆の芯が出てきたことがあります。

 あまりに意外な展開だったらしく、
 カルテにはその芯がセロテープで貼り付けてあるのですが、
 多分長男とわたし、
 思考回路が似ています。

 これをわたしの母は

  B型的思考回路

 と呼びますが、
 B型だからこうなんでしょうか。
 わたしや長男だからこうなんでしょうか。


 *転落エピソード*

 わたしの実家のすぐ近くに、
 保育園がありました。

 当時、
 保育園も小学校も休日には開放されていて、
 自由に出入りできたものでした。

 公園がわりによく保育園で遊んでいたのですが、
 二階建て保育園の園舎に隣接して、
 屋根付き砂場がありました。
 兄弟姉妹を含め、
 近所の子ども達数人と遊びながら、

  「大丈夫だよー、このくらい飛び降りれるしー」

 みたいな感じで、
 二階人工芝からトタン屋根にダイブしたわたし。

 屋根を突き破って、
 砂場に落下しました。

 落ちた場所が砂場だったのと、
 背中から転落したのとで、
 擦り傷程度の軽傷ですみましたが、
 落ちた瞬間は呼吸ができず、
 本気で死ぬかと思いました。

 そんな体験をした直後にも、
 保育園入り口にある鎖の上に座って揺れていて、
 バランス崩して背中側に転倒し、
 頭を強打したりしておりました。

 いえ、わたし自身はADHDではありません (多分
 でも、自分の行動が
 長男の行動傾向と若干似ているような気も。。 (汗


 こういったドジ話は、
 ある程度成長した後もちらほらとあったりするのですが、
 それはまた、
 別の機会にでも。


スポンサーサイト
編集 |  05:41 |  自己紹介  | TB(0) | CM(4) | Top↑
 | HOME |  NEXT

自由空間

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。