2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

構成員紹介

新着記事

新着一言二言三言等

新着関連記事(他ブロガーさんより)

ベビベビ点取り占い

小学生編点取り占い

話題別過去記事収納庫

FC2ブックマークに追加する

ブロとも申請フォーム

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2007年01月03日 (Wed)

スキー旅行

20070103080117



 *「白い馬」*

 おはようございます。
 ちょっと遡って修正しております。

 お正月はまったりまったりと家で過ごし、
 一泊二日で長野県へスキー旅行に来ました。

 案内表示板を見て、

  「しろうま...」

 と呟いた長男。
 ああそれ、「はくば」って読むんだよ、と教えたそばから、
 やっぱり

  「しろうま...」

 と呟いております。
 
 記憶を訂正しておかないと、休み明け、
 冬休み中の思い出を尋ねられて、

  「しろうまで、スキーしてきました」

 って答えそうです。


 *今シーズン初*

 さて。
 ウインタースポーツとはさっぱり縁の薄いわたし。

 何がイヤって、
 くそ寒い中、歯をガチガチ言わせてリフト乗るのを待って、
 寒風吹きすさぶ中、ガタガタいってリフトに乗って、
 吹雪の中斜面を滑り降りてくるなんて、
 
  ...何が楽しいんですか?

 ですよ、ホントに。

 冷え性寒がりヘタレ根性無しなので、
 わざわざ好んで寒いところで寒い思いしてまで
 雪の上を滑り降りようとは思わないのです。

 が。
 大学入試がヒトより早く終わって
 (指定校推薦という枠で受験したため、
  12月には進学先が決まっていました)
 「滑りデビュー」を18歳の冬に迎えたわけですが、
 19歳の冬、
 大学の部活でスキー旅行に出掛けたとき、
 
  「滑りの上手い男子は、雪山限定でかっこよく見える」

 と思いました。
 ええあくまで「雪山限定」ですし、
 更に言えば「遠目で見る滑ってる姿限定」なのですが。
 でもやっぱり、ど派手に転びまくるよりは、
 そこそこ美しく滑ることができたほうがいいなぁと。
 特に男子は。

 女子はね、
 滑れなくても教えてくれますよ。周りが。
 男子はそうはいきませんからね。
 初心者なのにリフトで頂上まで連れて行かれて、
 
  「とりあえず慣れだ。滑って慣れろ」

 みたいなスパルタな世界を見て、
 男子はある程度滑れるようになっておいたほうがいい、と
 思ったわけです。

 そんなわけで、
 長男にはまあそこそこ滑れるようになってほしいなぁと、
 親の勝手な思いからスキーデビューを果たさせた昨年。
 夫と昨シーズンは頻繁に雪山へ通っておりました。
 (わたしと長女はおうちでぬくぬくお留守番)

 今年、初スキーに出掛け、
 初日は半日コースでスクールに入校させ、
 ボーゲンの基礎を思い出した後、
 午後と翌日目一杯滑ってターンをマスターしたようです。

 これで
 
  斜面直滑降暴走野郎

 から卒業です。

 わたしは今回、
 長女とひたすらソリ遊びと雪玉作りに追われており、
 人込みのゲレンデから滑り降りてくる長男を見つけることができず、
 どの程度上達したのかをこの目で確認することができなかったのですが、
 最後の最後にロッジ内でお茶しつつ、
 滑走してくる長男を見つけることができました。

 いやぁ。
 ボーゲンでジャンプしようとするバカ一人。
 長男でした。

 多分、遠目にですが、
 微妙に5ミリくらいは浮いたと思います。
 あれをして、

  「オレ、ジャンプできた!」

 とか言うんだろうなぁと思っていたら、
 やっぱり言いました。

  「見てた?オレ、ジャンプしたよ!」

 スノボでジャンプする若者を見て、
 今年もやっぱり羨ましくなったんでしょうね。
 鼻の穴膨らませて誇らしげに言っておりましたよ。


 今年は長女もそこそこ雪山を楽しんだようですし、
 家族で出掛けることが増えそうです。

 でもやっぱり寒い場所はイヤだなぁ...。

スポンサーサイト
編集 |  08:01 |  旅記録  | TB(0) | CM(2) | Top↑
 | HOME |  NEXT

自由空間

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。