2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

構成員紹介

新着記事

新着一言二言三言等

新着関連記事(他ブロガーさんより)

ベビベビ点取り占い

小学生編点取り占い

話題別過去記事収納庫

FC2ブックマークに追加する

ブロとも申請フォーム

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2005年12月13日 (Tue)

これだけは

 *長男@発表会*

 長男は、3歳からピアノを習っています。
 何故ピアノなのか、と問われると困りますが、
 たまたま自宅の真っ正面にピアノ教室があったので。

 かなりいい加減な母なので、
 『情操教育の一環として』
 みたいな理由ではなく、
 まあ、
 『自己表現の一手段を与えるため』
 とでもいいましょうか。

 何であれ、
 自分を表現できるツールを持った人間は、
 どん詰まりになったときでも
 ガス抜きができると思うので。

 そんなわけでピアノ歴3年半の長男。
 家では全くお稽古をすることもなく (汗
 週に一度、30分間のレッスンのときだけ、
 集中してピアノを弾いているそうです。

 小学生になって勉強が始まって以降は、
 音階もきちんと書けるようになってきて、
 知能の向上を実感していましたが、
 なにせ、長男、家では全くピアノに触れないので、
 一体どこまで弾けるものなのか
 親にとっては未知の世界でございました。

 先日、発表会がありまして、
 8月に音楽ホールで演奏会をして以来、
 4ヶ月振りに長男のピアノ演奏を聴きました。

 かなり驚きでございましたよ。

 両手でちゃんと弾けている!

 背筋をピンと伸ばして、
 しっかりと楽譜を見て、
 真剣な表情で弾いている長男の姿に、

 「長男、もしかして普通の子?」
 
 と思ってしまいましたよ。


 *ピアノ教室では*

 長男が多動であること、
 学校で多くのトラブルを起こしていること、
 その他諸々を、ピアノの先生には話してあります。

 が、ピアノの先生は、
 長男の多動をあまり感じないそうです。

 レッスン中は集中して弾くことができ、
 おそらく信頼関係が成り立っているのでしょう、
 先生の言うことを長男はきちんと聞いているそうです。

 親が子どもを理解するのは当然必要ですが、
 長男のように、
 周囲の人からマイナスの評価を受けがちの子どもには、
 プラスの面を見てくれる。
 親以外の大人の存在も必要だと感じております。

 そして、
 信頼関係が成り立っているせいか、
 長男はこれまでに一度も、
 ピアノを止めたいと言ったことがありません。
 弾くこと自体が楽しいのかもしれません。
 だったら家で練習しそうな気もするのですが (汗

 レッスンが本人の負担にならない範囲で、
 可能な限り続けていかせたいと思っている
 習い事でございます。


 長女もピアノを習いたがっています。
スポンサーサイト
編集 |  04:58 |  お稽古ごと  | TB(0) | CM(2) | Top↑
 | HOME |  NEXT

自由空間

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。